大学生・社会人になったときにも役立つ学習を!佐々木塾は子供たちの将来を考えています。

第一志望大学合格を目指すなら、

学内順位よりも絶対的な伸びを重視しよう!

中学生は目先の点数と成績順位にこだわる傾向にありますが、それは勉強の仕方として邪道だと思われる。しかし、高校入試の内申点に直結する中3の2学期の試験で高得点を目指すのは悪くないし、その結果の順位は志望高校合格の目安になります。
ただし、このやり方がずっと通用するかどうかはまた別問題です。よく指摘されるのは、高校入試は点数や順位にこだわる勉強で乗り切れるとしても、それだけでは高校に入ってから壁にぶつかるのではないか、もっと長い目で見て、中学のころから点数や順位にとらわれない勉強を心がけていくべきではないだろうか。絶対的な伸び、すなわち実力をつけてさえおけば結果として学内順位はおのずと上がっていきます。それが大学受験勉強にもつながるのではないだろうか。
また、家庭学習では授業の復習で基礎を固めます。家に帰ってからの勉強はその日の授業の復習し、次の授業への準備をするのが基本です。そこで独自な勉強をして伸びようとするよりも、授業に集中してその最中に伸びようとするのが正しい方法だと思います。家庭学習は学力の底辺を固めるもの、という位置づけでいいのです。
佐々木塾では第一志望大学合格を目指して、中1から高3までのカリキュラムを策定し、それに従って授業を進めていきます。授業でインプットした知識を基に、家庭ではアウトプットのための演習をさせていきます。インプットとアウトプットの黄金比は3対7と言われています。演習は何度も徹底して行います。それはすなわち授業での「わかる」ことを家庭学習で「できる」にさせるための演習です。そして、どれだけ「できる」かを週テストでチェックしていきます。


≪目次≫



1. 一斉指導コース

小学生一斉授業

中学で役立つ授業を
中学、高校の学習の基礎は、小学校時代に作られます。また、学習に対する興味や関心は、中学、高校よりも小学校時代に培われるものです。したがってこの時期によりよい学習習慣や考える姿勢を身につけておくことは、進学する際に、また受験に取り組むときに必ず役立ちます。当コースは学習の基礎をつくり、中学、高校への足がかりとなるような指導をしていきます。
家庭学習の重要性⇒佐々木塾サポートシステム(希望者のみ)

近年子供たちの価値観の変化、多様性により学力格差も激しくなり、同じ時間内同じ教材で学習させることが不可能になってきています。また、中学生になって必要な応用力も身につきません。それを克服するために、通常授業の宿題とは別にさらに課題を与え家庭学習の習慣が身につくように指導します。また、目標を持って学習に取り組めるように英検・漢検・数検およびそれらの対策授業も実施しています。

◇春夏冬の特別講習で応用力アップ
春期講習:各学年の基本の総復習  
夏期講習:一学期までの復習を中心に、基礎力定着トレーニングおよび学校の課題
冬期講習:二学期までの復習と学校の課題


小学生
《小1~小3》 回数・曜日選択制 月~金16:00~17:00/週1回、2回コース/国語、算数
講師、生徒が1対2までの個別対応。
学習の基礎となる読解力、表現力、数字と数の一体化、演算の概念などを専用の教材を使って指導します。教科書とは別に各自のペースに合わせ、できるところから少しずつ取り組みます。学習するおもしろさを体得させ、高学年へとつながる総合的な学習の基礎を培います。国語算数のみの受講となります

《小4~小6》 算数・国語・英語週2回制
教科書を使っての基礎力強化、計算演習・読解力・漢字の徹底指導などを行い、規則正しい学習習慣と落ち着いて勉強に取り組む姿勢も同時に身につけさせ、中学で役立つ授業を行います。

学年    曜日  時間教科
低学年犬山 火・木16:00~17:00国・算
低学年小牧 水・金16:00~17:00国・算
新小4犬山 水・金17:20~18:50国・算・英
新小5犬山 水・金17:20~18:50国・算・英
新小6犬山 火・木17:20~18:50国・算・英
新小4小牧 水・金17:20~18:50国・算・英
新小5小牧 火・木17:20~18:50国・算・英
新小6小牧 火・木17:20~18:50国・算・英

◇春夏冬の特別講習で応用力アップ
春期講習:各学年の基本の総復習  
夏期講習:一学期までの復習を中心に、基礎力定着トレーニングおよび学校の課題
冬期講習:二学期までの復習と学校の課題

◇読書タイム・自習室
読書タイム
国語はすべての学習の基礎です。その国語力は「正しい日本語を読むこと」=「読書」によって培われます。「なかなか本を読まない」と思い悩むより、まず、読書する環境に置き、「読書」に慣れさせてみましょう。きちんと机に向かい、集中して読書することは、脳を刺激し、記憶力、思考力を養います。
授業日の前後30分程度を「読書タイム」とします。希望者は相談してください。
自習室利用
学習習慣を身につけるためには「環境」も大切な要素です。いつでも学習ができるように、時間帯限定で自習室が利用できます。宿題や読書も行うことができます。また、学習計画の作成指導も行います。
時間帯:16:00~19:00 ただし、中学生のテスト期間は利用できません。

◇新中1準備講座
6年生は1月より春期講習までの期間、中1英数の先取り学習を行います。
通常授業時間内で行います。

◇小学生ぜんけん模試
年2回(5・6年)実施し、県下全域の生徒の中での位置や、理解度などが確認できます。

◇私立中学受験コース

「生徒一人ひとりのペースで学習する」
「競争させて受験勉強をさせたくない」
お子さまは理解の速さ、学習の定着まで人それぞれ異なります。お子さまのペースに合わせて納得するまで解説していきます。
新小4~5 国語・算数・理科・社会 対応 授業日は応相談

ページのトップへ



中学生一斉指導

「学ぶよろこび」が、潜在能力を引き出す
子供達自身が「学ぶよろこび」を感じられるように、板書授業、手作り教材、テスト、あるいは能力別クラス編成などの指導システムを作り上げています。
授業では問題をしっかり認識させて自分で思いきり考えさせ、一人ひとりの解答をチェックし、それに評価を与え認めます。一つひとつの問題や課題をクリアし、テストでの評価も得られる。その過程において、子どもたちは自分自身の「成長」を実感できます。


目標の設定とそれを実行する計画設計
高校受験を乗りきるために最も必要なものは、生徒自身の能動的な姿勢です。
それは親や講師が押しつけるものではなく、導くもの、気づかせるものです。
家庭でも塾でも、目標を与え、表現させ、認めるというような子どもとのコミュニケーションを日常的にうまくとることができれば、適切な学習方法で子どもたちの学力は伸びていくものです。家庭学習の重要性⇒佐々木塾サポートシステム(希望者のみ)
近年子供たちの価値観の変化、多様性により学力格差も激しくなり、同じ時間内同じ教材で学習させることが不可能になってきています。また、高校受験に必要な応用力も身につきません。それを克服するために、通常授業の宿題とは別にさらに課題を与え、家庭学習の習慣がつくように指導します。また、目標を持って学習に取り組めるように、英検・漢検・数検およびそれらの対策授業も実施しています。

学年    曜日  時間教科
新中1犬山 月・木19:30~22:00英・数・理・社・国・テスト
新中2犬山 火・金19:30~22:00英・数・理・社・国・テスト
新中3犬山 月・水19:30~22:00英・数・理・社・国・テスト
新中3犬山 水・土19:30~22:00英・数・理・社・国・テスト
新中1小牧 火・木19:30~22:00英・数・理・社・国・テスト
新中2小牧 水・金19:30~22:00英・数・理・社・国・テスト
新中3小牧 火・木19:30~22:00英・数・理・社・国・テスト

◇授業形態
授業日は週2日。希望により自習室での学習が行えます。
■英語授業(50分) ■数学授業(50分)
■社会授業(25分) ■理科授業(50分) 
■国語授業(25分) ■復習テスト(25分) 
英語:基本文や重要文の解説と暗記 → 問題演習による応用力養成
数学:答えのみを教えるのではなく、導き方を深く掘り下げて指導
国語:漢字書き取りと読解力養成
理社:理解と暗記に重点をおき、定期テスト対策を念頭に、学校の進度とは関係なく基礎力養成のための授業を行います。
学校のワークや問題集を実施する時間も塾で設け管理します。

◇テスト対策授業
定期テスト前には、学校の問題集や予想問題等を使い、テスト対策授業を行います。年間約140時間実施し、頻出事項の定着、過去問演習を行います。

◇春夏冬の特別講習で入試レベルの問題にも取り組み応用力UPをはかります。
春期講習中2.3:各学年の基本の総復習 

夏期講習中1.2:一学期の復習と応用力養成

中3:1・2年生までの履修内容を中心に各教科の基本から解説し、基礎を固め応用力を養成します。

公立対策中3:公立入試問題のパターンの研究と演習

冬期講習中1.2:二学期までの復習と応用力養成

中3:入試実践力のアップ゜と学年末テスト対策

直前講習中3:出題傾向を考慮に入れた予想問題による実戦演習と総まとめ

◇全県模試
年2回(中3は3回)実施し、県下全域の生徒の中での位置や、志望校の合格可能性なども判定できます。

ページのトップへ



高校一斉指導 (1クラス6名まで)

~見当違いの努力をしないためにポイントを押さえた学習を!~

部活動などと勉強の両立
効率的な学習法によりそれが可能です。基本事項を習得し最も重要な入試の頻出事項頻出問題のみを学習すればいいのです。
入試には基礎基本が大切当塾では考えるための生地として基礎力を重視し、徹底的に基礎固めをしていきます。

重要問題の反復学習
基本が理解できたら、重要問題を反復学習(最低3回は繰り返すこと)することにより基礎力がつきます。重要問題は高校で学習する内容の2割しかないので、それを徹底的にマスターすることにより、定期テストや模擬テストの点数UPが計れます。

中学までの学習との相違
中学までの学習方法では、高校では通用しません。学習内容が各教科とも相当に増えるからです。重要であるかないかどうかの見極めが重要になってきます。
当塾ではその見極めを的確に行います。
大学入試における主要科目英語数学入試においては英語数学ができるようになると得点力がUPします。その英数は高1からのポイントを押さえた学習が必要です。

大学受験コース

学年    曜日  時間教科
新高1犬山 火・土20:30~22:00英語Ⅰ・数学ⅠA
新高2犬山 火・土20:30~22:00英語Ⅱ・数学ⅡB
新高3犬山 火・土20:30~22:00受験英語ⅠⅡ・受験数学ⅠⅡ
新高1小牧 月・土20:30~22:00英語Ⅰ・数学ⅠA
新高2小牧 月・土20:30~22:00英語Ⅱ・数学ⅡB
新高3小牧 月・土20:30~22:00受験英語ⅠⅡ・受験数学ⅠⅡ

数学選抜クラス
偏差値73以上を目指す数学に特化したクラス
チャート演習「大学への数学」・入試問題演習

◇テスト対策授業
定期テスト前には、テストに出る重要問題等を使い、テスト対策授業を行います。

◇春夏冬の特別講習で入試レベルの問題にも取り組み実践力アップをはかります。
春期講習高1・2:各学年の基本の総復習

高3:入試に必要な基本の総復習

夏期講習高1・2:各学年の学習する内容の重要事項の整理と実力養成

高3:センター対策と弱点補強

冬期講習高1・2:各学年の学習する内容の重要事項の整理と実力養成

高3:センター対策と総まとめ

(1)高1
英語数学の週2回で、英語は大学入試に必要な英文法必須知識の定着をはかり、数学は学校の進度も考慮に入れながら、教科書による基本基礎の解説から応用力養成まで、より楽しくなるように指導します。

(2)高2
現役で合格するためには英語の基礎力養成が大切です。この段階では英文解釈と英文法の週2回必修となります。高校でもよく使用されている参考書を教材として用い、受験英語の基礎の錬成を行います。
数学は選択により、センター試験・二次私大入試対策として数学 II ・Bが受講できます。

(3)高3
3月の春期講習から冬期講習までの10ヶ月で、希望の大学へ合格できるような実力を養成するコースです。入試には基礎力が不可欠ですので夏休みまでにしっかりとした基礎力を養成するように指導します。わからない事項は教科書等で確認し、復習はしっかりやっておきます。夏期講習では弱点補強を行い、9月から12月までは応用力養成期とし入試問題演習を行います。冬期講習では総まとめを行います。
1.センター英語 2.英文法 3.英文解釈 4.センター数学
5.理系数学 6.文系数学 7.化学 8.物理
※4~6は、高2の数学を受講した生徒、入会テストに合格した生徒のみ受講可能です。

◇ブロードバンド予備校
犬山教室ではブロードバンド予備校を開設しています。
有名予備校講師の授業を都合のよい日時に受講できます。
受験勉強、定期試験対策、苦手科目の克服。
自分にあった受講スタイルを塾の授業にプラスできます。(全教科対応 全155講座)

「予習×演習×復習」すべてが組み込まれた3段階学習システムで無理なくレベルアップが可能です。
※詳しくはお問い合わせください。

ページのトップへ



2. 国公立大学受験コース(特進クラス)

国公立大学受験コース

~公立中高から国公立医歯薬理系を目指そう!~
中学から大学のことを考えてみませんか。中学課程の英語数学を中3の7月、高校課程を高2で終了させ、国公立大学現役合格を全面サポートします。

学年    曜日  時間教科
新中3犬山 月・水・金19:30~22:00英・数・理・社・国・テスト
新中3小牧 火・木・土19:30~22:00英・数・理・社・国・テスト

◇授業形態
入試において最も重要な英語数学の授業を中心に行い、中学課程を中二で高校課程を高二の七月までに修了させ、それ以降は受験対策を徹底的に行います。
■英語授業(50分+50分) ■数学授業(50分+50分)
■社会授業(25分) ■理科授業(50分)
■国語授業(25分) ■復習テスト(25分)
英語:基本文や重要文の解説と暗記 → 問題演習による応用力養成
数学:答えのみを教えるのではなく、導き方を深く掘り下げて指導
国語:読書を主体にした読解力養成
理社:理解と暗記に重点をおき、定期テスト対策を念頭に、学校の進度とは関係なく基礎力養成のための授業を行います。
※テスト対策授業、春夏冬の特別講習および全県模試は中学一斉指導に準ずる。

ページのトップへ



3. マンツーマンコース

マンツーマン指導

講師と生徒が1対1または1対2の形態で指導します。得意教科のさらなる実力アップや苦手教科の克服を目指しています。一人ひとりに指導するので、個々のペースで学習に取り組みたい方に最適のコースです。入塾の際、保護者生徒との面談や確認テストを行い、受講科目・回数・目標・進め方を決定し各々にあった学習計画をたてて進めていきます。一人ひとりの学習計画ですので、学年をさかのぼっての学習やより進んだ学習への対応が可能です。


◇全学年・全教科で実施します
1回の授業は2時間で1教科が基準です。


マンツーマン専任講師特別コース

専任講師が1:1で授業を行います。学校のテストで+20点をお約束します。
成績が上がる勉強方法を教えます。
〇すぐに実感できる
〇成績が上がる丁寧な個別指導
〇成績保証

◇授業形態
■授業(60分) ■自立学習・復習・テスト(60分)
※授業と自立学習が逆の場合もあります
自立学習の時間は、講師の指示による復習や問題演習、チェックテストなどが含まれますが、この時間は自ら進んで学習に取り組む重要な時間です。講師は学習の様子を見ていますので、質問や学習の進め方には、いつでも対応します。自ら進んで学習に取り組むことで学習の効果がより増してきます。

ページのトップへ



お問い合わせ

お問い合わせ-佐々木塾

犬山教室 0568-62-6862
小牧教室 0568-75-1533
受付時間 14:00~22:00(月~土)/※月は16:00~から
メールアドレス boss@sasakijuku.com